2017年12月6日水曜日

事故

昼メシを食った帰路、たくさんのパトカーやレスキュー車が集まっていた。

事故だ。車が横転している。もう1台は田んぼに転落していた。

横転した車両内からドライバーを助け出そうとレスキュー隊が活躍していた。


ここはわが町の田んぼのど真ん中。農免道路が交差している。

平面の田んぼの中なので交差する道路が見えにくい。よくこんな衝突事故が起こる。お互いが見えていない状態で直進するので、ぶつかったときの衝撃が大きくなる。



昨夜は実に面白い夢をみた。

夢のなかで、私は小さな町工場を経営していた。たくさんの工作機器が動いている。

20人ほどの男性社員に厳しい言葉で注意をしている。彼らは仕事のやり方が分かっていないようだ。機械を使いこなせない。

社員代表と称するものが私のところにやってきて、「そんなに厳しいことを言うのなら全員辞めさせていただきますが、それでもいいのか」と言う。人手不足につけ込んでいる。

「あの巡業部長のもとでは巡業できない」と言ったデブに似ている代表だった。

「辞めたければやめろ。すぐに出て行け!」

私は全員を追い出した。

社員が誰もいなくなったことを確かめてから、黙々と金属を削り続けている旋盤に向かって、「やっとバカどもはいなくなったぞ」と言った。旋盤は切削速度を上げ下げする周波数コントロールで音声を出した。「ヨカッタネ」

その向こうではNCフライス盤がエンドミルを振り上げてバンザイをしている。

この工場はディープラーニングによるAI化に成功して、マシンだけで操業できるようになったのだ。人件費ばかり食う社員が邪魔だった。今日はその追放に成功した。

この工場には人間型ロボットもいる。すべて女性型だ。



この夢はこれからが本格的になるのだが、これ以上書くと、お前の脳ミソは大丈夫かと疑われそうなので、夢の公開はここまでにする。









0 件のコメント:

注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...