2017年10月31日火曜日

フリック入力

いまごろ何言ってるとお叱りをうけそうなお話し。


この頃、若い方々が猛烈なスピードでスマホによる文字入力をなさる。フリック入力なのだそうだ。

負けてはいけないので練習中。
いまスマホで書いているが確かに慣れると速い。

これならブログをスマホで書くことも簡単かもしれない。

++++++++++++

でもここからはパソコン入力。画像挿入の方法が分からない。


スマホ文字入力するとき、「あ」を押すと左のような画面が出る。「お」としたい場合は下側に指を動かせば「お」と打てる。これがフリック・・らしい。


確かに早い。



こんなにスマホ入力にこだわっているのは、最近のネット販売の主力がスマホ経由になってるせいなのだ。


我が社の売上も、いまでは半分以上がスマホ経由での売上となっている。


こうなるとスマホでみて理解できるネットショップ画面を作る必要がある。というかスマホでページを作ることも考えてみる必要がある。






2017年10月30日月曜日

電動押しバネ式くくり罠用スプリングセッター

土曜日に手動のスプリングセット機をUPしたら、「なぜ電動にしない。なんでも電動好きのくせに」とお声がかかった。

もちろんやってまんがな。




140cmの15mm径スプリング(国内最強)を30cmのパイプに軽々と挿入できる。(あー、好きなフレーズ)

軽四トラックのバッテリーで動かせば荷台で簡単にセットできる。発売時期はまだ未定だが、2万円以内の設定予定。

こちらで発売中


でも電動よりも手動のほうが安全かもしれない。この動画を撮ってる最中に指を挟み込んでしまい、獲物の気持ちがよーく分かった。痛かった。



我が県は明後日11月1日から狩猟解禁となる。

お散歩隊は休日しか出猟しない。3日が祝日なのでどうするかS選手に訊いてみた。

その日は旅行の予定だった。サトちゃん選手はお仕事が混んでいるみたい。

そんなわけで5日が初猟の日と決定した。5日にお仕事の方もあるようだがしっかり働いていただきたい。猟期はまだ始まったばかり。









2017年10月29日日曜日

射撃大会

台風だというのに射撃大会に参加してきた。ライフル&スラッグ銃の50m大会。

こんな日でも大会は開催された。ラグビーやサッカー並みだ。

さすがに5名しか来なかった。お好きな方々ばかり。そういう私も雨の中、長靴を履いて参加。なぜか「養鶏場のおっちゃんみたい」と言われた。具体的やなあ。

スタンディングとニーリングで10発ずつ撃った。

結果は5名中総合5位。つまりビリ。でも部門別では優勝だもんね。ライフル部門はわたしひとりだけの参加。



この競技は若い方が多い。ランニングターゲットの若手公式選手が3名もいた。さすがに上手い。

この狭い、穴蔵みたいな射場で12Gスラッグ弾や308Winをぶっ放すと反響もあって、もう脳ミソがマーボー豆腐状態になる。動画は12Gサボット弾の発射風景。凄まじいリコイルに耐える体力が必要だ。

今夜は早く寝て脳ミソを固めよう。





2017年10月28日土曜日

短小製品

朝から雨なので先日から制作していた新型くくりワナの商品ページを作ってみた。

今回はじめて押しバネ式のワナを販売する。

画期的じゃないと面白くないので、「13センチのくくりワナ」にしてみた。実際にはキャップ部が案外と大きいので18cm程度になるが、パイプ部はちゃんと13cmなのだ。短小製品。

この13cmの中に110cmのスプリングが入っているのがミソ。


約1mのワイヤーを締めることができるので、30cm程度の輪を作ることが可能となる。踏み板は15cmだから、その周囲に倍ほどの輪を置けば空ハジキはない、いや少ないかもしれない。

実はこのワナ、先にこのスプリングを圧縮する装置ができていた。これを売るために作った。





叔父貴が苦労してスプリングをセットしているのをみて、その解決策を考えた。

この装置は案外と好評なのだ。


2017年10月27日金曜日

パンチャー登場

鉄板に穴をあけることになった。6mmのボルトを通す。


日頃から塩ビ製品しか相手にしていないので鉄は気が重い。ドリルであける気になれない。

我が社には油圧パンチャーがあることを思い出した。油圧でグイグイ押して強引に穴をあける。

初期のくくり罠製品で鉄部品を使っていた。大量の穴をあける作業があったので購入した。NP-4という型式のくくり罠はよく売れたので、この道具で数万個の穴をあけた。

ここ数年は使うことがなかった。

久しぶりに取り出したが、使い方を忘れていて、器具(ポンチ&ダイス)セットで数時間もかかってしまった。この頃、もの忘れがひどい。


数時間かかってセットして、6mm穴を6個あけるのに2分ほどかかった。便利なのか不便なのかよく分からない。




2017年10月26日木曜日

うれしい注文


人感センサーを利用して、ヒト(動物でもいいのだけど)を感知したら無線機を自動発信させる装置を作っていた。

センサーに興味を持っているときの作品(?)だから2年ほども前になる。


商品化してネットショップに置いていたが売れるはずもない。すっかり忘れていたが、なんと今回、数台売れてしまった。しかも同業者様が買っていただいた。これがうれしい。内容を評価していただくことはとてもうれしい。

さっそく組み立てようとサンプル機と同じにセットしてみた。作り方をすぐに忘れるので商品化したものはすべて制作実機を保存している。

動かない。??なんでぇ。

思い出した、特小無線機の回路内容が変わって、ワナ用発信機の回路もすべて変えたのだった。

げげっ! まいったなあ。すべて新しい回路を組み直す必要がある。台数も少ないのでギブアップ宣言をして注文をお断りすることも考えたが、せっかくいただいた注文、ゼニカネではない。プライドかけて作り直すことにした。


今日、丸一日かけてやっと完成。疲れたぁ・・・






2017年10月25日水曜日

デジタルノギス

通常のノギスを使っていたが、どうにも採寸ミスが多過ぎる。

ついにデジタルノギスを使うことになった。これは便利。もっと早く使うべきだった。

塩ビパイプはどうも誤差が大きい。規格表でみるとHIVP16の外径は22.0mm 厚さは2.7mmだから、内径は計算値では16.6mmになるはずだが、実測値は上記のように1mmも小さい。

なんでやろ。

内径は作業するとき関係がないので適当に作っているんだろうか。

今度、サトちゃん選手に訊いてみよう。彼は水道工事の専門家なのだ。どきどき漏らすのはご愛嬌。




今日は愛南町までドッグナビの納品に行ってきた。

いつもなら県内でも運送便で送るのに、住所を聞いたとたんに「納品に行きます!」ときっぱり答えた。納品時間は正午。お客様には迷惑な話しだろうなあ。

理由はそのすぐ先にある市場食堂でカツオ定食を食べるためなのだ。

美味しかった。

こんな勝手な理由でお仕事をしているのだ。






2017年10月24日火曜日

まだ続くタタリ

車をサンドブラストしたばかりなのに、昨夜はまだタタリがあった。

晩酌をやりながらブログを書いていたら、ワイヤレス充電中のスマホが充電器から滑り落ちて、晩酌のグラスに当たった。

パソコンの上に満タンのお焼酎をぶちまけてしまった。

あわてて拭いたが間に合わなかった。画面はフリーズしたまま動かない。酔っぱらったのかな・・・

触ってもないのにスマホが滑り落ちてグラスを倒すさまは不気味だった。叔母のタタリは凄いぞ。まいったなあ。







2017年10月23日月曜日

カニ大会

昨日は叔母の納骨だった。

親族一同が集まった。

叔父貴が「カニを食わすから来い」と言ったもんで、我が家の家人と長女はも
うたいへん。大好物なのだ。


先月、納骨は完了するはずだった。でも台風で一ヵ月遅らせたら、今回もまた台風だ。故人はよほど納骨されるのが嫌なのかもしれない。暴風雨の中、納骨終了。


昼飯はこのカニのほかに伊勢えびがあったり、寿司があったりして大ご馳走。

何かのお祝いと間違えてないかい?


でもいちばん非難されたのは私。

新型ワナの試作品を法要の席に持ち込んで、叔父貴と検討会をやってしまったのだ。




そんなことをやっているのでバチが当たってしまった。台風被害が出た。

昨夜は台風の風雨が凄かった。今朝、庭の車をみると砂がいっぱい降り掛かっていた。我が家の庭の細かい砂が巻き上がられたようだ。家人は自分の車を水道ホースを持ち出して洗っていた。私も同じようにすれば今回の台風の被害はなかったはずだ。


洗うのが面倒なのでガソリンスタンドの洗車機に入れた。

これが大間違い。砂が付いているのでサンドブラストをかけたのと同じことになった。全周に細かい傷が付いてしまった。

スバルに持ち込んだら驚いていた。「ひどいですねえ。どこの洗車機ですか」

「いやいや、自分が悪いだから文句は言わないよ。修理できるならお願い」

ガソリンスタンドに洗車依頼をしての作業なのでクレームを言うことは可能かもしれないけど、「傷が付いた」と言うことが恥ずかしい。日頃から「細かいことを言う男性はサイテー」とねえさんたちに躾けられている。


今日一日預けて、コンパウンドで磨いてもらった。全部は消えなかったけど、おおまかなところはなんとか目立たたなくなった。納車前にコーティング処理をしてるので、ある程度の傷は対処できるらしい。


日々の生活でも手抜きはいけませんなあ。反省。








2017年10月22日日曜日

殺す気か

私はぬるい湯しか入らない。

温泉は「はま湯」がいちばんのお気に入りだが、理由はここがぬるいせいだ。


家人は逆に熱くないと風呂じゃないといいやがる。

自分が先に入るので勝手に温度設定する。44℃。まともじゃない。


私は冷めるのを待ってから入ることになる。つらい日々を過ごしているのだ。




21:00追記

選挙もボクシングも終わった。

選挙はバカ女のせいで、またアベっちが居残りそうだ。女性を蔑視はしないが、バカ女はあかんね。大局を見通すことができない。前原がつくった千載一遇のチャンスをつまらない選抜意識で無にした。しょせん「ハゲーぇ」、「ちがうだろぉ」オンナと同じレベルなのだ。

ボクシングは真剣勝負。村田選手の本気度が相手選手に分かったんだろうなあ。これ以上やると殺されると思ったのでギブアップ宣言だろう。順当な結果。






2017年10月21日土曜日

期日前投票

選挙だ。

日曜日は予定があるので期日前投票に行ってきた。

愛媛県でもっとも田舎の4区は広い。候補者の選挙カーをいちどもみたことがない。ホントに選挙やってるの?

市役所1Fに設けられた期日前投票所は閑散としていた。投票人は私だけ。

投票を終えるとマスコミが出口調査をしている。いつも尋ねられるので、今回はウソの答えを言おうと準備していたのに誰も尋ねてくれない。

ウソ言おうとしている人間は分かるのかなあ。それとも声を掛けられないほど恐ろしい人に見えるのか・・・


台風なのでジブファーラーの固定を確認してきた。

ジブシートを外しているので厳重に固縛しないといけない。




ついでに係留ロープも確認。

2本のロープが交差でもしていたら簡単に切れてしまう。


今日の時点では三瓶のヨットも漁船も台風対策をしていないようだった。

今回は大丈夫なのかなあ。



2017年10月20日金曜日

熾烈!スカウト合戦

昨夜はいい調子で呑み会。

カツオ塩たたきでスタート。藁で焼くと美味いねえ。松茸の土瓶蒸しなどやりながら、〆アジで呑んだ。〆サバはよくあるが、これをアジでやるのもなかなかのものだった。

二次会は地元のお店。21歳の新人おねいちゃんが可愛い。気分よく呑んで、今朝は少しだけ二日酔い。でもいまはお仕事が忙しいのですぐに酔いも覚める。


午後、地元の呑み屋ママからお電話があった。

「あの子、スカウトしたよ。今日からうちのお店に出勤だから呑みにきなさい」

その21歳の新人おねいちゃんが可愛いと話したら、なーんと速攻でスカウトしたそうだ。やるねえ。可愛いおねいちゃんはメジャーリーガーみたいに所属が変わる。



昨日呑み会だったのでブログを書かなかったら「生きてるかぁ」と電話があった。

あぶねえ。またあわてて何日分かストックしたが、そんなに毎日書くこともないので、呑み会優先する。書かない日もあるけど大丈夫だから。





2017年10月18日水曜日

台風被害

八幡浜の某s氏から先の台風被害レポートがあった。

瓦が飛ばされていたそうだ。

そのことにずいぶん長く気が付かなかったので被害がさらに拡大した。雨漏りがして天井や畳が大被害。



彼はお金持ちなので、たくさんおうちを持っている。それで気付くのに時間がかかったようだ。

今週末あたり、また大型がやってきそうなので屋根には注意。


おうち欲しがっているねえさんがいるので、あげればいいのにぃ。

2017年10月17日火曜日

丸焼き機(BBQ用)

 


BBQ用の丸焼き機、完成。ご近所宴会で先日、牛ブロック肉の丸焼きをしたが手動で回したのでたいへんだった。その対策品。串が1本だと焼けてきたらお肉の固定ができないことは学習済み。

熱源からモーターを遠ざけるために金属製フレキシブルシャフトを付けて、回転制御はパルスコントロール。バッテリーの過放電防止装置も付属。むやみにオーバースペックなのだ。

S選手に見せたら、受け側にベアリング付けろときっと言うだろうなあ。


さて、お肉買ってきて試運転・・・と思ったが、そんな大量のお肉、我が家で消費できない。誰か一緒にBBQ、やろうぜい。




そう昼間に書いたら、さっそく猟師の漁師が食いついてきた。

「今日、イノシシ獲ったから丸焼きしよう」

そんなに大きなものは焼けない。私はとっくに野生のイノシシ肉など卒業して、もう食べないよ。(素人解体のジビエ料理は衛生面でかなり問題が多いと思っている)


それよか、サバの丸焼きしようぜ。



エージングテスト中のワナ用発信機は今日も元気にまだ鳴っている。受信はやめたが電源は切らなかった。どーなってるの?キミは不死身か。

特定小電力無線機は送信出力10mWしかない。これほど少ないと送信時より受信時のほうが消費電力が多い場合がある。おまけに間歇運転なのでバッテリー容量の限度いっぱいまで絞り出すことになるみたいだ。

そういえば、ねいさんも限度いっぱい絞るのは得意だなあ。


2017年10月16日月曜日

けもの道

このところハンターの皆さまから直接お電話をよくいただく。

ワナ用発信機や我が社製ワナのお問い合わせや注文をいただくのだが、どう考えてもネットで見て我が社を知っていただいたのではないことが多々ある。

ネットだと動作動画などを載せて分かりやすく説明しているのだが、そのあたりの説明を電話で行う必要がよくある。


今日やっと分かった。狩猟雑誌「けもの道」に広告を掲載しているせいだった。

こんなニッチな業界の専門誌って他にないから効果があるのかもしれない。次回号からもっと掲載ページを増やすかなあ。




エージングテスト中の新型ワナ用発信機は未だ鳴り続けている。三日目終了。キリがないのでもうやめる。

そういえば前回エージングテストも三日でやめた。三日坊主なのだ。

待機時間二日で電池交換が必要な発信機も問題だが、よく考えるとトリガーonで三日間以上も発信し続けるのも問題かもしれない。半径2Km圏内の1chをほぼ独占するんだもんねえ。(でも3分以内に一度切れるので完全合法)






2017年10月15日日曜日

大嘔吐

朝、猛烈な吐き気で目が醒めた。

嫌な予感。数年前、同じような吐き気で、吐いたらぜんぶ血だった。3度吐いたら出血多量で失神して救急車で運ばれて内視鏡手術をした。

今朝は夜中に飲んだミルクが出た。よかった。胃液も吐いてもうヘロヘロ。白いものや黄色いものの出る場所が違う。


今日は鬼北射撃場で大会だった。すっかり行く気で準備していたのになあ。昼過ぎまで休んでいたが、少し気分がよくなったのでその間に考えついた新型ワナとセット装置を組み立ててみようと思う。

某県の友人から、私のお隣町の猟名人が販売しているくくり罠を入手してくれと依頼をされている。私のワナも使ってくれているが、ぜひそれが欲しいという。名人は講演などもするのでその話しが伝わったのだろう。

隣町の友人に入手を依頼した。1週間ほどかかるそうだ。

このワナは「押しバネ式」だ。パイプ内に押しバネを入れ込んで、トリガー解除で上に押し上げる。確かに有効な方式だが、このバネをセットするにはたいへんな力技が必要だ。そんなわけで我が社は扱わない。「女性でもセット可能」が我が社のモットーなのだ。


吐いたので気力なく、ヘナヘナの気分でこの「押しバネ式くくりワナ」のことを考えていた。そんな病人でもセットできるかもしれない方式を考えついたのだ。

昼飯も食わずにホームセンターに行って必要部品を買った。塩ビパイプ程度。


組立ててセットしてみた。朝、盛大に吐いて、朝飯、昼飯抜きでヘロヘロの私でもセットできた。1m以上もある強力な押しバネを30cmのパイプに簡単にセットすることが可能だった。片手で室内でやれる。

左側パイプ内に1m以上のバネが圧縮して押し込まれている。

案外とスタイリッシュに仕上がった。名人がどんなワナを販売しているか知らないが、我が社が作るとこんなものになる。

バネをセットする装置はまた後日紹介する。






エージングテスト中のワナ用発信機は順調に鳴り続けている。





2017年10月14日土曜日

カラス退治

先週に引き続いて長女が帰宅した。珍しい。

「父ちゃん、釣りに行こうぜ!」

どーもサバ釣りに行きたいらしい。


「今からでは無理だがね」

横島は遠い。ヨットで行くには3時間はかかる。往復6時間、釣っている時間を計算すると夕方の帰港となる。午後は雨の予報だ。

「チッ!もっと速い船にしろや」

長女はパワーボートに買い換えろと言う。勤務先が空港なので日常、速いものばかり相手にしている。



午前中は軽四トラックにエアライフルを積み込んでカラス駆除に出かけた。

この頃、私の周辺にカラスがいなくなった。よく撃つので厳重な監視体制がなされているようだ。カラス業界にも緊急通報体制が確立しているのかもしれない。








休日なのに、午後はあいかわらずタイマーICと格闘した。


抵抗値とコンデンサー容量を決める作業。

二か月間、頑張っていろいろやってみたがいい結果が出なかった。合法ワナ用発信機の制御回路を作っている。

前にも書いたが、特定小電力無線機の回路改修に伴って、既存の回路では対応できなくなっている。新しい制御回路を作らねばならない。いまは在庫品でしのいでいるが残るは数十個になってしまった。今月いっぱいに新しい回路を決めないとこの製品は販売できなくなる。


二ヵ月もやっていい結果が出ないので、実はこの製品の販売はほぼあきらめていた。他社から安い合法機種が販売されたことでもある。ところがこの機種、待機電力が大きすぎて、二日に一回電池交換が必要なことが判明した。それでは罠猟に使えない。アマ波を使う機種もメーカーが生産中止した。こうなると、どうーしても生産を続ける必要がある。


今日、やっと解が出た。よかったぁ。入力電圧を乾電池1個分上げることで完璧に動作することが分かった。

新しい回路は思ってる以上に電圧低下を起こすことが分かった。それなら1個足せばいいじゃないの。乾電池ボックスを3個用から4個用にすればいい。さっそく購入して現在エージングテスト中。

24時間経過。順調に動作中。













2017年10月13日金曜日

熟柿を待つ

犬たちはドッグラン内にある柿の木の下で一日中、熟柿が落ちてくるのを待っている。

我が家の犬たちは、この柿が大好きなのだ。

熟柿が落ちるのを待つ、というのはなんだか物事が成就するのをじっと静かに待機する感じで、秋らしく俳句でも作れそうだ。


熟柿に声も満ちたる目白かな    伊藤一枝

メジロが食べるのを鈴ちゃんは下からやかましく吠えて、「食べるな!」と言っている。

熟柿落ち庭は修羅場となりにけり  田代貞枝

田代家では落ちても誰もいないのでたいへんなことになるのだろうが、我が家は犬たちの取り合いで修羅場になっている。



13日の金曜日は無事に終わった。

歯医者さんは痛くなかった。麻酔をしてくれるので何も感じなかった。昼過ぎまで口が半分痺れていたが、ニンニク入りの味噌ラーメンを食った。





2017年10月12日木曜日

二日酔い


昨夜は呑み過ぎて今日は二日酔い。

ソファーで横になっていたら、窓の向こうに3頭が揃って「とうちゃん、何かくれぇ」とワンワン言いやがるので寝ることもできない。ヨットに行けばゆっくり熟睡できるが、この二日酔いでは飲酒運転確実なのでお出かけもできない。

地元のお店から「新人が入ったので面接に来い」と連絡があった。こうなるとスケベ心丸出しで、すぐに出かける。バカだねえ。で、呑み過ぎてしまう。


明日は13日・金曜日。怖ろしいことが待っている。歯医者さんに行く日なのだ。






2017年10月11日水曜日

罠用発信機

我が社で組み立て販売している「罠用発信機」が、ある海上系のハイレベル教育機関さまからご注文をいただいた。

特定小電力無線機を組み込んで、マグネットスイッチでメロディICを動かしている。

別に免許さえあればアマ機を組み込んでもいいし、デジタル系の無資格で使えるものを使って距離を稼ぐことも可能だ。


注文はありがたいが、どう考えても罠用にお使いになるとは思えない。

制御系の学部みたいだ。

まさか制御技術の参考になさるのでは・・・

あまりに簡単すぎてそれはないよね。うれしいけど、なんだか気になる注文。








卯之町食堂

ご近所のスーパー内に大型食堂ができた。

いくら待っても塩サバは届きそうもないので、卵焼きとセットで今日の昼食。

ごはんが美味しい。三間米を使っているそうだ。

サバはあまり美味くない。やっぱ、横島のサバに限るなあ。



午後、大洲に行ったら道路工事のために通行止めのところがあった。

山道を通って帰ろうと思ったら道を間違えたようで、迷子になってしまった。

カーナビで見ようとしたが、写真のように立派な道路なのに、ナビでは表示されない。


ここは「天貢」という地区。「てんぐ」と読むそうだ。

30分も山道を走ってやっと肘川沿いに下りた。大洲市街を通らず、山中を走るつもりだったが、遠回りをしただけだった。てんぐサマに騙された気分。





2017年10月10日火曜日

完売御礼

8月末に「電動クリむき機」の発売を開始した。

私はひたすらこの製品のネーミングがお気に入りで、面白半分で売っていたのだが、なんと今年輸入した分を売り切ってしまった。高額なので1台でも2台でも売れればいいと思っていたが、商品が足りなくて、動画撮影用に使った製品まで売れてしまった。皆で驚いている。

クリをむくのはやっぱりたいへんなんだなあ・・と私も実感。

そこで完売記念ということで、フグのフルコースに社員さんたちと行くことになった。今年のフグ料理コンテスト愛媛代表料理人のフグを食う。








2017年10月9日月曜日

サバ 鯖 さば

またヨット仲間からLINEで写真が送られてきた。

今日はサバが大漁だそうだ。トローリングで入れ食い。取り込みが忙し過ぎて仕掛けを再投入する時間がないという。

その割に、これを刺し身にして一杯やっている写真が送られてくる。もう!

三瓶YCの不良オヤジたちが3名で出漁したそうだ。


場所は日振島すぐ横の横島付近。よこしまな心を持った連中が行きそうな場所だ。


塩サバに加工して持参されたいと希望したのだが、どーなるだろう。





その頃、私は凝りもせずまた金山出石寺を目指して走っていた。50年待つのはシンドイ。連休なのでやたらヒマなのだ。


やっぱり世間には「秘仏」だの「御開帳」に心踊らせる人が多いんだなあ。駐車場はいっぱい。



今日もこの長い階段を登ることになってしまった。これ、結構きつい。ヨットに3年も置きっぱなしだったスニーカーを持参した。

上りはまだいいが、下るときに足にくる。



50年ぶり御開帳の秘仏を拝観した。

もちろん撮影は禁止。ガードマンが厳重に監督している。

本堂の中は暗い。

拝観場所の奥の床板が開けられている。その下が石室になっていて、ご本尊はそこに安置されているそうだ。

結論!よく見えない。

ご本尊はどうも石の固まりみたいだ。黒っぽい固まりがかろうじて見えるが形状はまったく分からない。

秘仏なんだから、丸見えではありがたさがない。こんなものかもしれない。



昨今のAVみると、ぜんぶ剃ったりして、ライトの前で自らおっぴろげのねえちゃんが多い。色気もクソもない。秘所なんだから隠すのがいいんだぜ。

50年間も隠すのは問題だけど、ほの暗い照明で楚々とした陰毛(いい言葉だなあ)越しに微かに見えるのがいい。


秘仏御開帳で、こんな感想をするのは私だけだろうか。



どうやらここは我が町の先人猟師が作ったようだ。先輩作だ。



略縁起
開創は養老二年(718年)六月十七日である。宇和郷田中庄に住する猟師作右衛門が、狩りに出て一匹の鹿を見つけ、そのあとを追うて山に登り、まさに鹿を射殺そうとしたところ、突然全山振動して光明赫赫と輝き、鹿の姿はかき消え、鹿の立っていた足下の岩が真二つに割れ、千手観音菩薩・地蔵菩薩の像が地中から湧き出して金色の光を放った。
この奇瑞を目撃してから、作右衛門は殺生を業とする生活をやめ仏道に入り、自ら道教を名乗りこの仏像を本尊とし、出石寺と命名した。





境内内にある説明文などでは「鹿を射殺しようとした時」などと書かれているものがあって、作右衛門が銃を使っているかのように思われるが、もちろんこれは「射殺す」(いころす)であって弓での猟のこと。

鉄砲伝来はこの1,000年近くも後のことだ。

718年のちょっと前に関西エリアで巨大地震が起こっているので、あながち言い伝えがウソとも思えない。



 



境内に食堂があったのでメニューのなかでいちばん高い「金粉入りウドン」を食った。


金粉入りのウンチをしよう。







2017年10月8日日曜日

秘仏御開帳

今年の夏、あまりに暑いので避暑がてら金山出石寺に登った。

その時、50年に一度の秘仏御開帳が10月にあることを知った。すぐに忘れるのでスケジュール帳に書いておいた。

昨日、パソコンを開くと「出石寺御開帳」の表示があった。



「秘仏」とか「御開帳」は決定的ビッグ・キーワードなのですぐに反応する。

昨日の午後、登ってみた。





軽やかに山頂への急坂を登る我が車。








あれれ?誰もいない。


よく見たら、10月8日スタートだった。


一日早かった。



今日、再度登る気力は残っていなかった。50年後に行けばいいことだ。








2017年10月7日土曜日

海の幸、山の幸

連休で長女が帰宅。釣りに行きたいと言う。


エサを買って沖出しした。湾を出て行って、旧大島小学校が見えると、「よっし、ここだ!」と言う。しっかりブログは検閲されている。

なぜか長女にはタイが釣れて、私にはハギ(ハゲにあらず)しか釣れない。

遠近法で巨大タイを釣ったことにして孫にLINEで自慢した。孫はキャインと驚いていた。ウフフ、子供を騙すのは面白いぜよ。


家人を含めて我が家3人の晩飯には十分な数が釣れた。満足。



ところが、山に行った連中からのLINE&FBが凄いことになっている。

従妹が従弟と(ややこしいね)山に行ったらしい。(誘われたが行かなかった)

その結果がこれだがね。





もう、なんということをするのだ。


従妹はバツイチ独身女。松茸を見つける能力が研ぎ澄まされているとしか思えない。


まいったねえ。





2017年10月6日金曜日

松茸

鬼北町の従弟からLINEで写真が送られてきた。

どうもLINEは、相手に悔しがらせるためにあるみたいだ。

口惜しい。


「ぜんぶ食べるな!置いとけ、取りに行く」

と返信して、すぐにエンジン始動。


こんなときインプレッサは速いぞ。

25分で鬼北町到着。

写真の松茸のうち3本が残っていた。召し上げた。フフフ・・・



お隣さんにもお裾分けして、香りを楽しんだ。




川蟹もたくさん獲っていた。100匹ほどいた。

獲ったものをカゴに入れて、清流でエサをやりながらしばらく飼う。

カボチャなどを食わすと身が詰まっていい味になる。

これは上海蟹と同じ種類で、茄子と一緒に煮るととても美味しい。

問題は料理で、生きたまま鍋に入れる。持ち帰ると家人が発狂する。



日程を組んで、料理をする日に行くことにした。こんな我がまま勝手も身内だから言えること。親戚はいいね。

向こうには迷惑だろうけど・・・






2017年10月5日木曜日

二日酔い

呑み過ぎて派手な二日酔いの日はヨットに行くに限る。

ここなら気兼ねなく昼寝ができる。

適度に揺れて熟睡できる。




出しっ放しのジブシートの汚れがひどい。

持ち帰って洗濯機に放り込んだ。少しは汚れが落ちたかもしれない。その他のシート類も洗濯したらいいかもしれないが、それより新品交換のほうが手っ取り早い。


セール(コードゼロ)を1年ほど前に注文している。部品の一部(船首部に取り付けるパーツとファーラー)は入荷したと連絡があってからもう1年。業者はその後、何にも言ってこない。こちらも急ぐわけでもないから督促もしない。

あるヨット屋さんにこの話しをしたら「外国人経営のあそこでしょ。業界では有名ですよ。納期遅れはもちろん、約束なんて簡単に破るし・・・・」ともうボロクソ。価格が安いので競争意識があるのだろうか。

私はレースをするわけでもないから、そのセールがなくても別に困りはしない。速度が落ちればエンジン始動するだけ。そんなにボロクソに言わなくてもと思うのだが・・・

この会社とメールでやり取りしているとき、私は完全に女性と思い込んでいた。女性みたいなお名前なのだ。でもあるメディアで、筋骨たくましい男性と知ってしまった。

それ以後、別に急ぐわけでもないので督促しないだけ。











2017年10月3日火曜日

セーリング&フィッシング




日曜日の午後はヨットを沖に出して、潜航板を引いて釣りをした。

今ごろUPするのは投稿スケジュールがいっぱいで空いている日がなかったから。どーせたいした内容でもないし。


いい風だったのでセールをUPしてセーリングをした。

この状態で釣りをするとストップできないので、できるだけ魚がいない場所を通った。そんなことなら潜航板を入れなきゃいいのにね。


沖では遼艇がセーリングしていた。挨拶に行きたかったけどこんなものを引っ張っていたので遠慮した。





前に書いた山立ての件はやっぱり砂州の部分から旧小学校を見ていた。近くと遠くでは見える範囲がまったく違う。砂州の間を通してずいぶんと広いエリアが見えた。疑問が解決してすっきりした。



さて今夜は三番町徘徊。呑み過ぎないようにしなくては・・・と今は思うのだが。






2017年10月2日月曜日

愛媛国体 女子ソフトボール




愛媛国体が開催されている。

天皇陛下もおいでになったし、ブルーインパルスもやってきた。


我が町では女子ソフトボール競技が開催中だ。もちろんミーハーの私は応援に行ってきた。

女子といってもさすがに国体レベル。凄いね。選手たちの声が凄い。気合い入れて競技をなさっている。ファールボールが観客席に飛び込んでくる。当たったら死にそうなので早めに退散した。


上野選手もおいでになっていて話題だ。ご近所のオヤジたちは、みーんな上野選手なら見に行こうと言ってるが、私も含めて誰ひとり所属県を知らない。

賢い人が言った。「優勝決定戦に行きゃいいじゃないか。出てくるよ」

なーるほど。そりゃそうだ。



本日は雨なのに試合があった。

日程変更する気がないので、もし雨で中止になったら全チーム優勝になるそうだ。ソフトボールもサッカーやラグビー並みなんだなあ。






2017年10月1日日曜日

派生技術

スマシシ」みたいなシステムものを作ると、いろいろな分野で派生技術が蓄積される。たとえば、金魚や犬の餌やり装置などができている。

今日は、バッテリーの過放電防止装置が完成した。




回路サイズに合うケースが届いたのでやっと組みあがった。


バッテーは過放電を繰り返すと、アッという間に壊れる。

スマシシみたいな装置はバッテリーの限界まで使うのでつい過放電になる。

これを2,3回やるともうバッテリーは壊れてしまう。身を持って体験した。我が社には壊れたバッテリーが何個も転がっている。


過放電しない対策が必須だ。でもできるだけ長く装置は稼働させたい。

10Vまで電圧低下があれば自動停止する装置を作った。

電圧計測の結果、10Vからは一気に落ちて、そのままにしておくと負荷がある限り数Vまで下がってしまう。そうなるとまともな充電器はバッテリーとして認識すらしてくれない。


この装置でバッテリーは保護される。10V以下になると自動停止してくれる。スマシシの標準部品とするかオプション扱いにするか・・・案外と世の中にない製品なので単体での発売も面白いかもしれない。


たとえばヨットなどに装備すると、電源の切り忘れ対策ができる。ソーラーパネルと併用したらもう安心!




*と何日か前にこの投稿を書いて今日、自動UPとなったのだが、さっそく今夕、我が家でこの装置の必要性が認識される事態が起きた。

長女が旅行に行くので車を庭に置いていた。じゃまになるので私が移動したが、なんらかの原因でバッテリーが上がってしまったのだ。なんで??キーレス装置でロックしないと完全に電源が切れないとか・・・知るか、そんなこと。

もちろん我が家には充電器もモバイルバッテリーも予備バッテリーもたくさんあるのですぐに復旧できた。でもこれが我が家以外だったら面倒なことになる。まず長女の車に取り付けよう。

それにしてもアイドリングストップ機能がある車で、こうしたバッテリー保護装置がない車ってあり?






注目の投稿

射撃場で遊ぶ

ボンベとアダプターを積んで今週も射撃場に向かった。 ところが高速道路が大渋滞。1時間近くも待たされてしまった。 原因はETCゲート装置の故障。人力で集金業務をしているのでこーなった。なーにやってんねん。 やっと射撃場にたどり着いた。 S選手はスキート射撃...