2017年6月25日日曜日

楽しい楽しい射撃大会



ライフル&スラッグ大会に参加してきた。写真は私の射撃フォーム。(写真は大会実行委員長サマのサイトから借りてきた)クレー射撃ならこれでいいのだろうが、ライフル銃の場合はどうなんだろう。

立射の場合、自らの骨格を使った射撃姿勢であるボーンサポートのことを知らないわけではないが、動く標的(映画のタイトルみたいだね)を撃つ場合、これが有効とは思えない。

狩猟現場でこの姿勢から次弾を撃つことは困難だろう。




それにしても、同じ趣味の方々との競技は楽しい。参加人数は少なかったけどランニングターゲット部会の若手選手とご一緒できて楽しかった。さすがに現役公式選手は強いぞ。


大会は松山市砥部町にある射撃場で開催された。

いまの時期、この射場は霧がよく出る。クレー競技のときは射手より審判をするのが嫌だった。判定できないことがよくあったのだ。


ライフル&スラッグ大会は標的紙を回収して採点するのでこの心配はない。撃つ選手が見えないだけだが、それは選手の責任。一番奥にかすかに見える白いのが標的。

左側でスポッターが専用スコープでどこを撃ったのが教えてくれる。ライフル銃の場合、こうしないと弾痕が小さいのでまるで調整ができない。50m先は恐ろしく遠いのだ。













2017年6月24日土曜日

工作

自慢の卓上ボール盤で粉まみれになりながら大工作をした。

この緑色の板は特殊な硬質発泡シートだ。正確には、ポリエチレンを押出発泡成形した独立気泡構造のシートというらしいが、そんなことはどーでもいい。木材より加工が簡単と思って端材を使ったが、木のほうがはるかに柔らかかった。


一生懸命工作にはげんでいるのは、明日のライフル&スラッグ大会に備品を持ち込むためなのだ。

大会は一度に10発撃つ。隣の選手と交互に撃つので、途中で何発撃ったのか分からなくなる。


クレー射撃は1ラウンド25発撃つが、射台を交代するので何発目か分かる。ことに最後の5発はクレーが出る方向が分かってしまうので(逆にそのせいで外すことのほうが多いが)カウントダウンが簡単だ。






苦労の末に完成したのがこれ。

これならいま何発目か分かる。数字も入れようかと思ったが、いくらなんでもそれは不要だろう。

私の銃はボルトアクション式だが5発装填できる。でも競技時は1発ずつしか装填できない。だからこんなものが必要となる。


11個の穴があるのは試射用装弾を入れるため。芸は細かいぞ。試射が許可されるかどうかは知らないけど。




私の銃は308Winだから、7.6mmNATO弾と同じで、まあ8mmの穴があればいいやと当初は思っていた。


ところがそれは弾頭のことで、薬莢部分は実測11mmもあった。上のデータでは12mmになっているのでメーカーによる差もあるんだろうな。

12mmの穴を開けたが、そんな大きなドリル刃なんて持っていない。小さな穴を開けておいて、皿ネジを使う時に座ぐりをする道具を使った。うまい具合に最大12mmだった。

作業が終わって気がついた。私はトリマー(ルーター)を持っている。これのビットを使うともっと簡単で正確だったはずだ。ま、いいか。


さて道具はできた。宮本武蔵が木刀を作ったみたいだ。泥なわ方式ともいう。明日はどーなるのだろう。






2017年6月23日金曜日

電動トリガー




箱ワナのゲートを電気的に落とそうと思っている。

問題は稼働部分の耐久性だ。昨年まで販売していた「電動くくりワナ」のトリガー部分を取り外して動作テストを行っている。2年ほど前、山に設置していた。その後、持ち帰って庭に放置していたものを分解して取り付けてみた。

強めのスプリングを使って実験した。006Pの小さな電池で見事に動作した。さすが日本製だ。

スイッチは二枚の金属板にところどころ絶縁物を入れて、獲物が踏めば通電するようにしたらいい。数年前、この間に圧力センサーを入れて、獲物の大きさ(重量)に応じて動作するようにした装置を作ったが、あまりに複雑で商品化できなかった。


このあと、新品の中華製パーツに交換して実験したが動かなかった。スプリングの強度に対抗できない。

価格が1/5程度も安いので使おうと思ったが、残念ながらアウト。


電動くくりワナの販売を中止しているのは、この国産パーツ価格が高過ぎるせいだ。安い中華製が使えるなら販売再開と思っていたが、これでは無理だ。










2017年6月22日木曜日

ノイズ対策完了

昨夜は準備中新製品をバッテリー2個仕様にするつもりだったが、これではまるで素直じゃない愛人への別宅作戦ではないかと思った。安易過ぎる。

やっぱり、メインバッテリーの隅っこで、こっそりとご迷惑をかけないようにイロイロやるのが男じゃないか。

朝のTV番組で「このハゲー!」と絶叫するオバハン議員の声を聞いたら、反射的に「うるせー、ババア」と燃えるものがあって、やっぱりノイズ対策を頑張ろうと思ったのだ。


それにしても、女のくせによくまあ、あんな罵詈雑言が出てくるものだ。さすが東大法学部。さすが自民党。

auショップをやってる頃、ふたりほどあんな口のきき方をする女性客に対応したことがある。一人は母親と一緒に来店したが、親子で口が悪かった。あの議員の母ちゃんの顔がみたいものだ。もうひとりはカラオケ店の経営者だったが、もちろんとっくに閉店している。

不思議なことに、ふたりとも驚くほどの美人だった。議員は美人ではないが高学歴だ。女性はなにか自慢できること、自分に自信があればあのような態度になるのかもしれないね。




ネットでノイズ対策をいろいろ調べたが電気の基礎が分かっていないので理解できない。同等品を探したらSONY製のものが我が家にあった。これを分解して組み込んだらうまく動いた。さすがはSONYだ。

組み立てている機器はいま特許出願中だ。弁理士さんの許可が出たらすぐに発売しようと思っている。予定は今月末あたり。その時にいつもSONY製品を分解するわけにもいかない。四国の同業者にこの分野の専門家がいる。依頼をして作ってもらうことにしよう。



次の日曜日(25日)はライフル・スラッグ大会だ。

久しぶりに参加してみよう。エアライフルの許可はまだでない。なーにやってるんだろ。許可になれば一緒に持参して試射できるのになあ。













2017年6月21日水曜日

ノイズ対策

開発中電子装置の誤動作に悩んでいる。

工作室レベルでは完璧に動くが、現場にいくと誤動作する。うまく動くときもあるので問題が大きい。

こんな時は徹底的に問題を切り分けて原因を追究する。

工作室と現場での違いは電源だ。安定化電源とバッテリーの違い。これが原因であることは間違いない。でもDC電源としてはバッテリーのほうが一般的には質がいい電源なんだよね。

すべての回路を別電源にして動作させてみる。それを一個のバッテリーに順に集中して原因究明をする。

やっと分かった。スイッチング電源ICを持つ回路がすべての元凶だった。これが装置全域に恐ろしいほどのノイズを垂れ流して誤動作の原因になっている。この回路が不要な条件(満充電)のとき装置は正常動作をしていたわけだ。

これまで高性能で簡単と思い込んで、無邪気にこのICを多用してきた私はバカだ。ホントにアホだねえ。完璧な女性と思い込んでいたのが、実は諸悪の根源だったみたいなお話しだ。


対策方法を調べようとしてネット検索したら、どうやら普遍的な命題らしい。皆さん悩んでいらっしゃる。知らなかったのは私だけのようだ。対策を検討しよと思ったが、面倒なので別電源にすることにした。バッテリー2個仕様にする。これなら確実だがね。





松山の高名な某弁護士センセからお電話をいただいた。

ある痛風対策方法が効果的なのだそうだ。そういえばセンセも痛風で痛い目をなされていたなあ。

結論は「クエン酸」が有効とのことだった。薬局で売っているクエン酸を水溶液にして呑むといいらしい。

関西の弁護士サンが試してみて有効だったので教えていただいたとのこと。でもって、松山でも有効だったので西予市でもやってみろということだった。

法曹会風治療法はこうして南下する。明日はクエン酸を買いに行こう。













2017年6月19日月曜日

イージス(Aegis)

イージス(Aegis)というのは「盾」という意味らしい。鉄壁の防御なんだろうか。

でも盾だけに横からの攻撃には弱かったようだ。

コンテナ船の水面下は、バルバス・バウ(英語: Bulbous Bow)、球状船首となってるんだろうな。だからイージス艦の水面下のほうの被害が大きいみたいだ。


かつての海戦は船首の強固な角でもって、相手の横腹にぶつけて穴を開けることだったようだから、今でもその戦法は有効ということが証明された。

それにしても私のヨットですら、水深が6mを切ると派手に警報音が鳴るのに、なんで最新鋭のイージス艦がぶつかるのだろう。





写真は私の箱ワナ。

写真をクリックすると拡大してタイムスタンプを見ることができる。

もちろん、いま私は晩酌をやりながら自室だ。リアルタイムで見ている。フフフ・・・

先ごろ、高速道路の対向車線側から車が飛んできて観光バスにぶつかったドライブレコーダー動画が話題になった。あのカメラはバス内にあったが、本社でネット経由録画をしていた。だからあれほど早く公開できたのだ。私もいま似たようなことをしている。


中央に先日来釣った雑魚を入れている。タヌキが時々やってくるが絶対に近づかない。危険だと学習している。それともベラばかりなので食欲が出ないのだろうか。








2017年6月18日日曜日

家族で釣り

父の日なので長女が帰省した。

昨日の釣果(ハゲとアジ)をみて釣りに行きたいと言う。それなら家人も行くと言う。もうしばらく釣りは行かないつもりだったが、しかたがないので早朝から船を出した。

驚くことに、ヨットに着いたら長女が「えっ、漁船じゃないの」と言う。ずっとSalty Dogsは漁船と思っていたようだ。そういえばここ数年、一緒に船に乗ってない。ま、漁船みたいなもんだけどね。



3人でとにかくベラを釣りまくった。ベラ以外釣れない。面倒なのでリリースするが、釣っているうちにリリースしたヤツがまた釣れているんじゃないかと思うほどだ。ベラはよく引くので最初は楽しい。

3人で数百匹のベラを釣ってはリリースして、もう全員が嫌になって昼に帰宅した。ベラ以外に釣れたのはスズメダイ(当地方ではガゼと呼んで、ベラと同じ扱い)ばかり。1匹だけホゴが釣れた。トホホな結果だ。


ただ、ベラは同じ愛媛県でも松山市内に行くと、寿司屋の生け簀で泳いでいたりする。瀬戸内海側では高級魚なのだ。

ベラはやたら種類が多いので一概に言えないが、この地域間格差を利用すると一攫千金かもしれない。現に、宇和島生まれだが松山にある愛媛大学で4年間過ごした家人は、今日のベラを持ち帰ろうとしていた。私は「鍋が汚れる!」と断固拒否した。



午後は「はま湯」でのんびりした。もうしばらく釣りは嫌だ。