2017年4月19日水曜日

そーいうことだったのか。





霧の日にデジカメ経由で見ると、肉眼よりはるかによく見えるのが不思議だった。月曜日の写真の日は前が見えないので超ゆっくり走ったが、デジカメ画像ならさほどでもない。

ラジオを聴いていて、人間の目で見ることができる光の周波数範囲のことを言ってた。なーるほど、そーいうことだったのか。

デジカメのほうが可視範囲が広いので、紫外線や赤外線などの範囲も見えてしまうようだ。


郵便物には紫外線に反応するバーコードがスタンプされている。デジカメで見ることはできないので紫外線は写らないのかな。暗くなって紫外線ランプのみで撮影したら分かるけど、その頃は酔いちっちだろう。


と言いつつ、好奇心に耐えられず、晩酌のお焼酎を呑みながらリビングの灯りを消して試してみた。アホだね。

紫外線も写るようだ。


リモコンの赤外線ランプもちゃんと写る。ということは紫外線や赤外線のおかげで霧の中が見えるということなのだろうか。



なーんてことをして、いい天気の水曜日を過ごした。ヒマだね。




我が社で製造販売している「合法ワナ用発信機」に中継機能が欲しいというリクエストが多い。特定小電力無線機には中継機能を持っている機種がある。これを使えば簡単なのだが、中継波を使用できる機種は高額なのだ。

現行機種を使うままでの簡単な解決策は、中継用受信機の前にVOX機能をONにした送信機を置けばいい。チャンネルを変えて送信する。まあこれでは色気がないので、多少のハンダ作業をして試作をしてみた。もちろん成功。もちろん無改造。

中継できればワナの見回りが格段に楽になる。問題は電源だ。特小は消費電力が少ないので12Vバッテリーをソーラーパネルで充電すればいけるのではないかと思っている。自分用に組み立ててエージングテストをしてみよう。

そうなるとDC12Vを4.5Vに落とす効率のいいコンバータが必要になる。こうして作業が増えてくる。













0 件のコメント: