2016年11月26日土曜日

体温41.9度 体験記

やっぱり簡単なことでは体調は戻らなかった。


11月24日の朝、お粥を軽くすすって出社したが、すぐに吐いてしまった。昼まで横になっていたが吐き気がしても、もう吐く腹筋力がなかった。目まいがした。ヤバいかも、と思って鏡をみたら黄色っぽい。これは本格的にヤバい。


残る体力を振り絞って病院にたどり着いた。受付もろくにしないで処置室に転がり込んだ。


点滴を繋いで、すぐに検査が始まった。その頃から寒気を覚えて震えが出始めた。

ガタガタ震える私をMRI装置に入れるべく看護婦さんたちが手伝ってくれる。

「今日は野戦病院風だねえ。すぐやるから」

実際にすぐに終わった。あの装置はやたら時間がかかると思っていたが、やればできるようだ。

レントゲン撮影をして、心電図を取る頃には震えが大きくなってついに心電図は取れなかった。

「悪寒がひどいからしかたがないねえ」

担当者はそう言ってたが、私には、「お棺」としか聞こえなかった。

簡単に病因は断定された。胆石だった。石が詰まって胆汁がまったく流れていない。黄疸症状が出ているといっている。


そういえばこれまでも時々、吐いたり熱が出ていた。石が移動して胆汁が出るとまったく普通になるから発見しにくいらしい。

至急、内視鏡で石を取り除くことになった。




このあたりからの記憶がない。

目が覚めたら今朝だった。


さきほど医者がきて詳細な説明をしてくれた。内視鏡手術中には
体温が41.9度まで上がったそうだ。

時間がかかるのは危険なので、石はそのままにして、胆汁だけ出すチューブを入れて当夜は完了としたそうだ。再手術は来週。

記憶がないのは麻酔のせいでなく高熱のせいらしい。

血液データ結果も見せてもらったが、すさまじい数値だった。

「昨日たどり着かれたのがラッキーですよ。あのまま自宅に居たら体温で人事不省になって、本当に危なかったです」


体温計の上限値が42度になっているのは、それ以上あがると人間のたんぱく質は固まってしまい生存できないかららしい。

体のあちこちを触ってみるが固まっている部分は幸いなさそうだ。




パソコンとテザリング用スマホを持ち込んで野戦風オフィスを立ち上げた。ネットショップはこれができるからいい。社員さんたちがしっかりしているし、普段から私はあまり戦力になっていないので問題はなかろう。



病気の話しなど面白くもなかろうから書くまいと思ったが、41.9度体験記は書かなくてはいけないだろう。



こうして記録しておいて、元気になったら公開しようと思っていたが、例によって皆さまから連絡をいただくので公開することにした。


体調不良の原因は酒の飲み過ぎだの、イノシシのタタリなどいろいろと言われていたが胆石だったことが判明した。退院できればすぐに山に行くことができるよう体力を鍛えながら入院生活を送ろうと思っている。
















2016年11月23日水曜日

生存報告

三日もブログ更新をしないと、「死んでるんじゃないか」とお電話いただいたり、SNSで連絡があったりする。

死んではいないけど、死にかけていた。

三日前から体調不良だった。吐き気がして体がだるい。そのうちにゲーゲーと吐いて一時期は気分がよくなった。

二日目になったら、食べるものをすべて吐いて、牛乳さえ飲んだとたんに吐く始末。

そのうちに高熱が出て動けなくなった。

昨日と今日はベッドから一歩も動けなかった。


さきほどから熱が下がってポカリだのゼリー系は受け付けるようになったので一安心。



同じような症状が9月末にもあった。


呑み過ぎか、ダニか。







2016年11月20日日曜日

Eyes-only

本日のお散歩隊は、Eyes-only (見るだけ)。


おさわりも発射もなし。



サトちゃん選手の愛犬、ナナちゃんが目の前でシカを追い出してくれたけど撃てなかったそうだ。

私は林道を軽四トラックで走っていたらカーブの向こうにシカがいた。しばらく追いかけたけど山に入られた。シカは速いぞ。


最後にS選手の愛犬がタヌキを穴に追いつめた。よく見るとタヌキじゃなくてアナグマだったそうだ。似たようなものだが、間違うと大事件になる。タヌキ・ムジナ裁判だ。気をつけよう。







2016年11月19日土曜日

無線機取り付け



軽四トラックの無線機電源が入らない。

バッテリーから直結しているのでヒューズをみたら切れていた。交換したがまた切れる。

これは配線が悪いのかもと思って配線を新しいものに交換してみた。またヒューズが切れる。

まさかなあ・・・と思いながら無線機を取り外してチェックしたら完全に故障してショートしていた。危ない、危ない。

こんな故障は逆接(+-を逆に接続する)が主な原因だが、バッテリーも配線も触っていない。そういえば先日、ライトを点けっぱなしで完全放電をさせてしまった。充電をしたが、その時に過電圧でもかかったのだろうか。それとも経年変化での自然故障か。20年ほども前に買った製品だもんなあ。



明日は出猟なので急いで新品無線機の取付工事をした。ジムニーに取り付けようと免許申請は完了していた。


使い方がよく分からなかったので取説見ながら周波数メモリーセットなどしていたら、先日この機種を購入いただいたお客様から使い方を教えてくれと電話があった。タイミングがいい。


相手も猟師さんなのでやることは同じ。メモリーと周波数ステップの変更。オートパワーオフの設定もしておくと、電源切り忘れでのバッテリーあがりがなくなる。


覚えたてだったので完璧な説明ができたぞ。





2016年11月18日金曜日

アマチュア無線免許

アマチュア無線の免許が10月で切れていることが判明した。

電波利用料は支払っているのに!と確認したら、支払っているのはヨットの国際VHF無線分だった。


あわててネット申請をしようと思ったらIDもパスワードも忘れていた。なにせ5年も前にやって以来だから無理もない。

再発行の手続きを調べたが、どう読んでも理解できなかった。読解力不足なのか、説明不足なのか。


少々手数料は高いが(1,000円程度)紙申請でいくことにした。書式はこれ。


ネット申請時はやたら小難しくて、通信局担当者に電話で教えてもらったほどだったが(私、プロの無線機屋ですが分かりませんでした)紙申請なら簡単なもの。


昨日、免許状が届いた。紙申請があまりに簡単なので、当社で販売するアマチュア無線機に、希望する方には無料で免許申請書類を作成してお付けすることにした。印紙と切手を貼って郵送すれば免許になる。


だって、住所と名前と従事者免許番号を書くだけなんだもん。電波形式だの市町村コードが一般的でないから難しく見えるが慣れれば簡単。購入いただいた無線機にあわせて当社がチェックを入れる。




コールサイン切れの方、当社でお買いあげいただくと簡単ですよ。




2016年11月17日木曜日

タヌキだらけ

箱罠にイノシシが近づいているのでもう獲れるかもしれないと思いながらエサをせっせと補給している。でも全然入らない。

どーなってるんだろうと思ってセンサーカメラをまた仕掛けていた。

今日、カメラを持ち帰って確認をしてみた。





あれまあ、タヌキの大集団が連日来ている。

これじゃあタヌキの養殖場だがね。しばらくエサ補給はやめよう。




海に行けばハゲが釣れるし、山にいけばタヌキだ。


「類は友を呼ぶ」は正しいことがよくわかった。







2016年11月16日水曜日

木工作業

ホームセンターに行ったら、2×4材を使って自作する作業台があった。アメリカ製。


見本で組み立てたものがあったので、「これを売ってくれ」と言ったがダメだった。やっぱり。


しかたがないので材料を買ってきて、鋸盤でカットして木ネジで固定した。


組み立ててみると角の直線が出ていない。やっぱり不細工なんだなあ。


恐ろしくたくさんの木ネジで固定するので、とうとう電動ドライバーが放電して予備バッテリーに取り替えるほどだった。


我が家も2×4工法で建っている。大工さんが軽四トラックいっぱいのクギを持ってきて、「これ全部使います」と言った。我が家はクギでできている。

2×4はネジとかクギが好きなんだろうか。日本の大工さんはクギなしで組み立てたりするけどね。